CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFD取引は、上昇局面でも下降局面でも利益が出せる!

CFD取引なら価格の下降局面でも利益を狙うことができます。

その理由は、CFD取引が、FXや信用取引のように「売り」から取引を開始することができる点にあります。

今後価格が上がるだろう、と予測したときはまず「買い」から始めて、価格が上昇した時点で売り、その差額が利益となります。

逆に下降していくだろう、と読んだときには「売り」から取引を始めるのです。その後価格が下がったところで買い戻すことで、その差額が利益となるのです。

取引を「売り」から入ることを「空売り」と言いますが、現物株取引と違い、CFD取引では空売りを簡単に行える点がポイントです。現物株取引のような手間はかかりません。

このように、いかなる市場の動きでも利益を生み出せる可能性がある、これがCFD取引の大きな魅力の一つです。

CFD取引で下降局面の利益を狙うには?


具体的な取引例を見てみましょう。

現在5000円で取引されている株があるとします。今後価格が下がると予測して、数量1000で「売り」ポジションを建てます。

そこで予想が当たり、4900円まで下がったとすると(5000-4900)×1000=100,000円の利益となります。

これが空売りで利益が得られる仕組みです。

もちろん、予想に反して価格が上がってしまったとすると、損失となってしまいます。 上記のパターンで、逆に5100円まで上がってしまったとすると、(5000-5100)×1000=-100,000円の損失となってしまいます。


株式CFDの場合は配当に注意しましょう!

売りポジションの場合に気をつけなければいけないのが、株式CFDの「配当」です。

株式CFDではポジションを保持していることにより「配当」が発生し、買いポジション

の場合は配当を受け取ることができます。しかし、逆に売りポジションの場合はこちらが

配当に相当する分を支払わなければいけないので注意が必要です。

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1