CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFDの取引時間

CFDの取引時間は、株などの投資している銘柄が上場している市場の取引時間に準じます。

日本株の場合は9時〜11時、12時半〜15時の間。

イギリス市場なら日本時間で16時〜0時半(10月〜3月は17時〜1時半)と異なります。

世界中の市場に上場している銘柄を対象に取引している場合は、ほぼ24時間取引することが可能です。 日本株の一日の値動きを反映して、引き続き世界の銘柄を対象に取引を続けることもできるのです。

CFD取引を始める際には、投資対象が上場している市場の取引時間を確認しておきましょう。日中が忙しく、取引する時間を作るのが難しいという方にもCFDは始められます。自分のライフスタイルに合わせて投資銘柄を決めるのも良いかもしれません。

CFDはライフスタイルに合わせた投資が可能

現物株CFDの取引価格の決まり方

では、CFD取引の取引価格はどのように決まるのでしょうか。

CFDは、実際に取引所で売買が成立するわけではなく、CFD業者との相対取引となります。

CMC Markets Japanが提供する現物株CFDの場合は、日本の現物株CFDの場合、基本的に東京証券取引所と同等の値動きの価格で売買することが可能となっています。また、株式市場で売買が成立しない場合はCFDでも取引は成立しません。詳しい条件については、各CFD取引会社の案内を確認しましょう。


CFDで人気のある商品は?

CMC Markets Japanで口座を開設すると、会員専用サイトで売買高の高い銘柄を知る
ことができます。その日の人気銘柄を知ることができるので取引の参考にすると良い
でしょう。 各証券会社ごとに、取引に必要なマーケット情報や解説、エデュケーション
コンテンツなども用意されているので取引に活用してみるといいでしょう。



CFD取引の前にチェックしておきましょう!

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1