CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFDのレバレッジについて

CFDは証拠金を用いた「レバレッジ取引」です。ではレバレッジとは何でしょうか。

CFD取引のような証拠金取引では、一定の金額を「証拠金」として支払い、証拠金に対して「レバレッジ」をかけることにより、その2〜100倍の価格の株や商品の売買を可能にします。

この「2〜100倍」の倍率をかけられる仕組み、またその効果のことを
「レバレッジ」「レバレッジ効果」といいます。

少ない証拠金でも、レバレッジをかけて運用することにより、効率のよい運用が行えるようになります。FXや信用取引などのレバレッジと同様です。

必要な証拠金の割合は、商品ごとに1%〜50%まで決められていますが、レバレッジの倍率は商品ごとに設定の中で自由に設定できます。

レバレッジを高めに設定するほどハイリターンを狙えますが、その分ハイリスクにもなります。初心者の方はまずはレバレッジを低めの設定で運用するようにしましょう。

レバレッジはハイリスク・ハイリターン

レバレッジ=てこの原理

「レバレッジ」とは「テコの原理」のことを指します。

小さな力でも大きな力を持ち上げることができ、レバレッジを活用することにより、
少額の資金でも大きな利益を生み出すチャンスが生まれるのです。

しかし、レバレッジのかけ過ぎは、その分、リスクも大きくなりますので無理のない
運用をすることが大切です。

レバレッジのメリットについて

CFD取引のような証拠金取引では最初の元手である証拠金に対しレバレッジをかけて運用することにより、元手よりも大きな金額の取引が可能になり、資産をより有効に活用することができます。

例えば10万円の証拠金に対してレバレッジを10倍で運用したとすると、10万円×10=100万円もの取引が可能となります。

このときに10万円あたりの利益が1万円だったとすると、その10倍ですから10万円の利益となります。

しかし、元手である証拠金は10万円ですから、実質50%もの利益になったと考えられるのです。レバレッジを活用すると、このようなダイナミックな取引も可能となります。

レバレッジの効果

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1