CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFDマージンコールとロスカット

レバレッジ取引であるCFD取引には、FXと同じように損失額が証拠金の一定割合を越えた時点で警告が届きます。 この警告のことを「マージンコール」と呼びます。また、規程以上の損失を出さないために強制的にポジションが決済される「ロスカット」という機能もあります。

簡単に言うと、総資産額が必要証拠金額を下回ったときにマージンコールがかかり警告の連絡が来ます。さらに証拠金が必要な証拠金の20%未満になるとロスカットが働き、強制決済となります。 ロスカットが働いた場合は、買いポジションで持っていた場合は売り、売りポジションの場合は買いの反対売買により、強制決済となります。

証拠金がマイナスとなって、支払いが必要になってしまう場合もあるので注意しましょう。

ただし、必要な証拠金の額はすべての保有銘柄のトータルで計算されるので、仮に1銘柄で大きな損失を出しても、その他の銘柄の利益でカバーされている場合は強制ロスカットされることはありません。

CFDのマージンコールとロスカット

マージンコールが発生した場合の対処法

マージンコールが発生してしまった場合には、2つの対処方法があります。

* 証拠金を必要な金額(総資産額以内)まで下げるため、保有ポジションの一部、または全部を決済する。

* 総資産額が必要証拠金総額を上回る為に、十分な資金を追加する。

ただし、資金を追加する場合は、入金受付時間が銀行の営業時間内に限られるので注意しましょう。

ロスカットの適切な対処で損失を最小限に!

強制ロスカットを回避するためには、まずは多少マイナスになっても証拠金が不足しないよう、あらかじめ資金に余裕を持って口座に預けておくことです。口座にある資金を全て証拠金として取引するのは危険です。

また、ポジションを建てるときに同時にストップロス(逆指値)を設定するべきでしょう。 ストップロス(逆指値)とは、「指定の金額まで下がったら売り」又は「指定の金額まで上がったら買い」とする注文形態のことです。通常の指値注文と反対の形態であるため「逆指値注文」と呼ばれています。

注文時に、あらかじめ逆指値注文を指定しておくことで、それ以上の損失を防ぐことができるのです。

CFD取引は、レバレッジなども活用できるためハイリスク・ハイリターンな取引にもなります。 ですので、予想が外れた場合に備えて逆指値などで損失に備え、損失が出てしまった場合は早めに損切りをし、損失を最小限に抑えることが長い目で見ると利益に繋がるのです。

損きり出来る投資家3か条

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1