CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFD取引の特徴

CFD取引の魅力とは一つの口座でたくさんの種類の銘柄を取引出来る事にあります。

国内や海外の現物株、株価指数、債券、コモディティ等、取引商品は多彩にあります。

CFD口座を利用することで多彩な銘柄を扱う事が出来るので商品別に投資をしてリスク分散や投資のチャンスを逃さず効率的な投資が可能 になります。

CFDなら一つの口座で多彩な取引が出来る

現物株のCFD取引について

通常の株式の取引の場合と同じく、売買価格が差益となります。欧米だけでなく、中国やブラジル等の株式市場へも簡単にアクセスできます。

・日本国内

東証一部上場の225銘柄の取引ができます。

・海外

4000銘柄を超える世界各国の上場株式や、ETFの銘柄の取引が可能です。経済情勢をしっかりと見極める事により、様々な国へ分散投資できるというメリットがあります。

(※)CFD取扱証券会社によって取扱い銘柄が異なります。各社で取引銘柄をチェックしておく事が肝心です。

CFDは世界の市場で取引可能

業種別株価指数CFD

同業種の関連銘柄ごとに区分された指数を纏めて取引する業種別指数CFD。世界的に人気の高まっている銘柄タイプです。

債券CFD

債券とは、 国や企業が発行する借用証書です。

債券CFDとは、債券の値動きを反映するCFDです。債券CFD取引での満期日はありません。

VIX指数

VIX指数とは、「ボラティリティ・インデックス」のことで「恐怖指数」と言われています。

市場に対する投資家の恐怖心を反映する指数です。

VIX値は、投資家が先行き見通しに対し悲観的な見方をしている場合に上昇します。

コモディティCFD

原油や金など、海外商品先物市場の値動きを反映するのをコモディティCFDと言います。

通常、先物取引では満期日がありますが、コモディティCFDでは全て無期限で取引できます。

また、世界中の商品先物市場で取引ができます。

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1