CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

サラリーマンに人気 欧州株でのCFD取引について

CFD取引では、会社勤めで日中は取引出来ない方にピッタリの株があります。 それが欧州株です。 欧州株は日本時間の17:00〜01:00ぐらいの時間帯に取引が行われます。「日中取引が出来ない」という方でも、この時間帯なら本格的に始める事が出来ます。

従ってCFD取引で株取り引きを行う場合には、多くの人がヨーロッパ株に注目すると思います。

CFD取引で扱われる株の多くは海外の銘柄で、当然、その中には欧州株の銘柄も数多く含まれています。ただ、国内株式で取引をするのと、欧州株で取引を行うのでは、取引時間的には大きなメリットと言えるかもしれませんが、海外の銘柄の詳細な情報を集めるのは困難と言えるでしょう。 欧州株の取引を行う際には、いかに情報を集められるかがカギとなります。

米国株のCFD取引は開始直後と取引終了直前で勝負!

国内の銘柄の場合は取引所によって多少違いはありますが、「09:00〜15:00」の間になっています。それに対し、米国の証券所の場合は時差があるので、日本時間ではだいたい「23:00〜06:00」の間になります。

深夜から早朝にかけてという時間帯は、取引を行うには厳しい時間帯だと思う方が多いかもしれません。しかし、株取り引きというのは開始から10分間と、終了までの10分間が最も取引が活発になります。つまり、就寝前(23:00前)の数十分で取引を一通り行い、朝(06:00前)起きてからまた取引を行うと、生活のリズムも崩さずに米国株のCFD取引ができるようになります。

また、米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)では、日本の日経平均先物も扱っています。国内銘柄の取引を行っている人でも違和感は無いと思います。 日本で取引が行われていない時間帯に日経平均の動きがわかるので、翌日の朝の株価の動向が予測し易くなるというメリットがあります。

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1