CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

オーバーナイト金利とは?

株の信用取引の場合は、「買い」ポジションなら金利が、「売り」ポジションなら貸し株料が日々コストとして差し引かれます。

CFDでは、ポジションを持ったまま日をまたぐと「オーバーナイト金利」が発生します。

これは、買いポジションだと金利を支払う点は一緒ですが、売りポジションだと逆に金利を受け取ることができます。

FXのスワップ金利にも似ていますが、CFDでは、常に株や商品の「売り」ポジションでスワップが発生するという点に注意です。間違えないようにしましょう。

オーバーナイト金利の決まり方

オーバーナイト金利の金利は、売買する株式などの市場がある国の政策金利によって決まります。

「買い」の場合は、政策金利+3%〜、「売り」の場合は政策金利−3%〜を日割り(÷360、または÷365)で計算した金額を
受け取る(又は支払う)仕組みになっています。

具体的に、ロンドン市場の株を売買する場合を例に見てみます。

イギリスの政策金利が5%の場合は、「買い」の場合は8%を支払い、「売り」の場合は2%を受け取ります。

ただし、現在では日本が極端な低金利なので、「売り」の場合はさらに0.25%の金利を受け取れる仕組みになっています。

オーバーナイト金利の発生する条件

オーバーナイト金利は、ニューヨーク時間の17時、日本時間の朝6時(10月〜3月は朝7時)をまたぐと発生します。

つまり、この時間にポジションを保有しているとオーバーナイト金利が
発生するのです。

オーバーナイト金利は、「売り」ポジションの場合は、金利を受け取る事が出来ます。
また、逆の「買い」ポジションの場合では、金利の支払いが発生します。

この時間をまたがない場合(ディトレードなど)は金利を受け取る
(支払う)事はありません。

オーバーナイト金利の発生する条件

CFDの返済期限について

信用取引や先物取引には、あらかじめ決められた期限日までに返済しなくてはいけない、返済期限が存在します。 CFDにはこのような返済期限はありません。

ただし、買いポジションを持ち続けている限りはオーバーナイト金利を支払い続けることになるので注意しましょう。

オーストラリアのような高金利国の場合はオーバーナイト金利もその分高くなるので、保持している限りはオーバーナイト金利を支払い続けなくてはいけません。

CFD取引をする上で、覚えておかなくてはならないことの一つがこの
「オーバーナイト金利」なのです。

CFDの返済期限について

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1