CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFD取引のリスク

CFD取引には様々なメリットがある代わりにリスクも付いて回ります。

CFD取引の一番のリスクは、元本が保証されていないことです。 取引後に市場がユーザーにとって不利に変動した場合には、損失はユーザーが被る事になります。

CFD取引において、元本と比べ実際の取引額が大きくなるため、損失が市場の変動や取引額によって預けられた金額を上回る可能性があります。 CFD取引を行う前に良く理解して望むようにしましょう。

CFDに元本保証はありません

CFD取引の証拠金とは?

CFD取引では、通常全て証拠金を預け入れて取引を行います。

・取引時には該当会社へ証拠金を支払う必要があります。

・ご利用されている証券会社によって異なりますが、委託証拠金額は突然変更される場合があります。

・比較的低額な委託証拠金は、非常に高いレバレッジをかける事が可能 です。 従って、比較的小さな変動があった場合にも、ユーザーに直接大きな損失が生じる可能性があります。

上記三点をご確認頂き、CFD取引に臨まれた方が良いでしょう。

CFDをはじめる場合は証拠金を証券会社へ預けます。

CFD取引の市場リスクとは?

取引損失については、

(※)ビッド・オファーのスプレッドから損失が生じる場合があり、ビッド・オファーのスプレッドは急激に拡大する場合があります。

・株価、金利及び為替価値の変動から損失が生じる場合があります。

・商品の金融市場における、若しくは取引停止、商品の流動性不足によって損失が生じる場合があります。

・各取引通貨の金利の変化によって、通常ユーザーが受け取るスワップポイントについて逆に支払を求められ、結果損失が生じる場合があります。

取引されている証券会社で十分に条件を調べてからCFD取引を行うようにしましょう。

※通常の市場では必ず、ビッド(買値)とオファー(売値)のレートがあり、 銀行同士が直接取引する場合や、顧客に聞かれた場合も「ビッド」と「 オファー」で答えます。

CFD取引のクーリングオフリスクとは?

CFD取引では、ユーザーが注文後に、当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)はできません。

CFD取引のオペレーションリスクとは?

証券会社は、通常インターネットを介して取引を行います。 それにより、ユーザーは電子的な取引を行う上でのオペレーションリスクが発生します。

例としては
・取引を行うソフトウェアの安定性
・国内及び国外のインターネット接続環境の安定性、信頼性
・ユーザー自身のコンピューター、及びインターネット環境の安定性
等が挙げられます。

取引ソフトウェアは常に最新版をインストールしましょう。

また、ウィルスやスパイウェアには十分すぎるほど注意を払うようにしましょう。

CFDのオペレーションリスク

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1