CFD 取引について徹底解説! 話題のCFD投資を七福神がわかりやすく説明します。

CFD取引とはどのような投資?

CFD取引は、最近注目を集めている金融商品の一つです。

日本ではまだ目にする機会は少ないのですが、世界的にはとてもメジャーな投資法です。ロンドン市場では2000年から取引が行われていますが、取引されている金融商品のうち約30%がCFD取引であるといわれています。 以前はエクイティスワップと呼ばれ、機関投資家しか取引することができませんでした。

CFDとは「Contract for Difference」の略語で、日本語にすると「差金決済取引」という意味になります。

証拠金取引の一種で、値動きを反映しながらも、物理的に現物株などの原資産を保有することなく、原資産取引と同様に国内外の個別株や株式指数、債券などをレバレッジを効かせて売買することができます。

CFD取引は、現在、最も注目を集める金融商品となっています。

CFDの証拠金取引とは?

証拠金取引とは、一定の金額を「証拠金」として預け入れ、証拠金に対して「レバレッジ」をかけることにより、証拠金よりも大きな取引が可能になる取引形態を言います。

元手ある証拠金よりも大きな金額を取引できるようにすることにより、資産をより有効に活用することが可能です。

CFD取引の取り扱い業者について

CFD取引を扱っている業者で代表的なのは、ひまわり証券とイーストヒル・ジャパン。 さらに最近になってCMC Markets Japanが加わったことにより、CFD取引の幅は一気に広がりました。

CFD取り扱い会社では、それぞれに証券CFD、商品CFDなど取り扱い分野が違いますが、これはそれぞれ証券の場合は金融庁、商品先物は経産省や農水省とそれぞれ管理者が異なるためです。 近年では、規制緩和やCFDの広がりに合わせて徐々に取扱商品も増えてきています。

CFD取引を徹底解説

目的別のおすすめCFD口座の紹介

CFD取引 初心者に人気 NO.1
CFD取引 システム人気 NO.1
CFD取引 安心取引 NO.1