株式口座比較|777証券口座比較サイト

【 IPOとは?】

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に 上場し、投資家に株式を取得させることを言います。 株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。 これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。 企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで 知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるため、近年株式の新規公開を目指す企業が急増しています。

【 新規公開株 IPO の投資家に対するメリット 】

1. 取得に際し、手数料がかからない。
2. 上場後の株価が大きく飛躍している銘柄が多い。
3. 銘柄によっては上場後、数ヶ月の間に株式分割を行う企業が多い。
4. 公募価格(売出価格)は割安に設定される場合が多い。
5. 新興企業など歴史の浅い会社が多く、今後の業務急拡大が期待できる。
特に昨今の株式市況の活況を背景に上場後、株価が大きく飛躍する例が多く、市場の注目を浴びています。

今話題のIPOの特徴とは?

新規公開株 IPO の投資家に対するデメリット

1. 上場後、株価が一方通行でブレやすい。
2. 株価は居所を落ち着けるまで3-6ヶ月程度かかる。
3. 新興企業等歴史の浅い、規模の小さい会社が多く、バリエーションが把握しにくい。

新規上場した企業株価の2つの決め方

新規上場した企業は、投資家のものになります。(上場した企業は投資家に売られます。) 売り出すといっても上場したばかりの企業には株価がありませんので株価(公募価格/売出価格)を決める必要が あります。そこで、株価を決めるために2通りの方法で株価を決定します。

【 ブックビルティング方式 】
機関投資家等からの意見をもとに価格を仮設定したうえで、投資家に提示します。 その後、発行会社は「仮条件」を基に投資家からの需要を把握し、市場動向にあった発行価格を決定します。 ブックビルディング方式は、入札方式に比べると、価格が高くなりすぎるのを防ぎやすいといわれています。 最近はほとんどがブックビルディング方式で株価を決めています。

ブックビルディングでは市場動向にあった発行価格帯で申し込みを受け付けており、申し込みが株発行数を上回った 場合には抽選で株取得者を決定します。

【 入札方式 】
投資家が希望購入価格で申込みを行い、その状況に基づいて発行条件や発行価格を決定するというものです。 株式取得のための投機的な入札によって、人気銘柄の発行価格が非常に高くなってしまうことがあります。

欲しい新規公開株 IPO の抽選があたりやすい証券口座を大公開

人気の高いIPO株を手に入れるためには、証券会社が保有している口座数に対して、新規公開株っを引き受けている株数で当選確率が決まるためすごく単純に考えると下記の式で数が大きい証券会社があたりやすい証券口座という ことになります。



また、近年、オンライン専業の証券会社でも IPO株の引受数が増えています。 実際に保有している口座数に対して、引き受けている株数で当選確率が決まるため、一見引受数が少なくても当たり 易いネット証券も存在します。 下記に抽選であたりやすい証券口座ランキングを参考に口座口座開設することをおすすめしています。

新規公開株 IPO おすすめのSBI証券

IPOの 前年度引受数はなんと94社でネット証券業界で引受数はNo.1。毎年多くの幹事証券を手がけているSBI証券。抽選方法もコンピュータによる完全抽選で、応募したIPOに外れた回数に応じて当選率が上がるため、応募し続ければいつかは当たるかも!?

SBI証券の詳細スペックはこちら>>

オンライン抽選申し込み 前年度引受数 主幹事引受数
94 1

参加条件について
SBI証券でのインターネット取引口座開設、及び電子交付サービスへの承諾が必要

抽選方法について
ブックビルディングに外れた回数に応じて、当選率が上昇

新規公開株 IPO おすすめの楽天証券

IPOの 前年度引受数は、36社。抽選条件は、過去6ヶ月に対象商品においての有料約定が、1回以上あるお客様が対象となります。特徴としては、取引実績や預かり資産に応じて、IPOの当選確率が1倍〜5倍まで変化するため、多く取引をする方程、有利になる抽選方法を採用しています。
取引の多いお客様は、楽天証券がおすすめです。

楽天証券の詳細スペックはこちら>>

オンライン抽選申し込み 前年度引受数 主幹事引受数
36 1

参加条件について
過去6ヶ月間に対象商品において有料の約定が 1回以上あるお客様。

抽選方法について
お客様の取引実績や預かり資産に応じて、IPOの当選確率が1倍〜5倍まで変化いたします。